2016年01月06日

『ぴんとこな』全16巻

ぴんとこな(16) (フラワーコミックス)
ぴんとこな(16) (フラワーコミックス)

『ぴんとこな』柏木あこ/著。小学館。

「例え舞台の上に世左衛門がいなくても
アンタの成長を見せて観客に父親の大きさを知らしめるということさ」


 古本屋に行ったらセットで割引してたので、買ってみたら読めました。
 しかし最近の紙業界の不振はすさまじいですね。新刊と中古が50円しか違わないってどんだけ「本」って読まれなくなっているのでしょうね。

 さて。歌舞伎のお話です。デッサンうまいですし、けっこう長くやってらっしゃる作家さんなのだと思います。トレスしか出来ないラノベの挿絵書きとは全然違うので、絵は存分に楽しめました。着物姿は描くのが本当に難しくデッサンできてないと、そして着物の構造わかってないと描けませんが、とても綺麗に描けていて、カラーも表紙もとても楽しめました。
 二人の歌舞伎役者、一人は御曹司、一人は門閥外の一般家庭の子の二人の成長物語なのですが、そこに掲載雑誌? の読者の気を引くためか女の子を入れて最初に恋物語にしたので、途中から恋物語が中途半端になってて、伏線回収しきれずに終わった感が。女の子が主人公で感情移入させようとしたんでしょうが、書き方によっては彼女はいらなかったなー。というか、もうちょっと最後、上手に使えたなーと。エッチもする必要ないし、跡継ぎの女将さん? 梨園の妻やってくなら、もっと違うなんかがあったはずで。そこを少女漫画なのに疎かにしたなー。っていうか、だから実は主人公は女の子じゃなくてオトコふたりで成長物語なんですよね。
 これは掲載雑誌を白○社あたりにして(でもそっちは狂言の話しやってるんだよねー)編集さん変えたらもっと良くなる話ではないかと思いました。絵の巧さとかいいのに、もったいない。

 わたしは実はこの血の流れで決まるサラブレットのようなこの日本芸能独特の世界が嫌いでして。それはわたしの血筋がどーしよーもねーという劣等感から来るものでもあるのですが、今の日本社会の「自分でどうしようもならないところ(出自)がダメなら這い上がれない」という、格差固定してきた社会の見本のような気もするからです。
 まあ、もちろん伝統芸能として受け継がれていくものとしてとても厳しい社会であるというのは分かってますし、所作を身に付けるには子どもの頃から徹底して教えこまねばならぬというのもわかるのですが。
 娯楽作品として十分楽しめましたし、まあ良かった、かな。
 でも、置く場所ないから古本屋にリバースだと思われる……。
 written by 桔梗 at 13:51 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

『燈港メリーローズ』全三巻

燈港メリーローズ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
燈港メリーローズ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
燈港(トウラン)メリーローズ 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)
燈港(トウラン)メリーローズ 2 (花とゆめCOMICSスペシャル)
燈港(トウラン)メリーローズ 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)
燈港(トウラン)メリーローズ 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)


『燈港メリーローズ』全三巻 都戸利津/著。白泉社。

「燈港がこの胸にあれば もう息苦しくはない」


 I氏とm氏おすすめの漫画。
 20世紀初頭の東洋と西洋の混ざり合うアジアの港町がモデル。
 西洋列強が本格的に乗り出してくるための、きな臭い治外法権的な自治区があり、混沌とした街を舞台に男勝りで自己主張があるために疎外感を持つ西洋人である主人公が、恩師で兄でおそらく初恋の人を頼って見聞を広めに来る、というお話。
 あんまり大戦のきな臭さは感じないので、ま、異世界ファンタジーあたりがちょうどよろしい舞台かと思われます。

 作者さんも、これまでと違うお話の作り方をして云々と隅っこに書かれていたように、書ききれたかというと登場人物を描き切れたとは言い難いかな、と思います。
 黄氏は、なんというか、うん、まっとうになりたかったんだろうね。
 光と影じゃないけれど、表裏な存在のカイと黄氏。
 エドガーとして彼女を呼び寄せた思惑やら考えると、自分で張り巡らせた有刺鉄線を取り払いたかったんだろうなと思います。

 どちらも、アゼリアを必要としていて、ある意味アゼリアに自分を『懸けて』いたんでしょうね。『賭け』でもあり『懸け』でもあり。
 その一方でアゼリアも息苦しい思いをかかえていたようではありますが、自分を貫いていけるだけの強さがあり、が、ちょっとわたしにとっては感情移入しにくい本なのかな……。
 で、どこに感情移入するかというと、カイでもないし、わたしにとってはどこにもないんだなー。カイはカイで笑えるだけの強さをすでに手に入れており。
 強くなってしまった人々の出会い、なあたりが描ききれなかった要因のひとつかと。

 消化不良な感も残りますが、雰囲気を味わうぶんには楽しい、かな。
 この方、ある漫画で有名になった方でしたね。
 他の作品も読んでみようかな、というくらいには興味がわきました。
 written by 桔梗 at 01:41 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

『秘密 season 0 1』

秘密 season 0 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
秘密 season 0 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
『秘密 season 0 1』清水玲子/著。白泉社。

「それがみんなの
みんなの いや
オレの 願いだから」


 『秘密』のスピンオフ、というより薪さんの過去編。
 例の「鈴木」さんとの出会いと、初めての「友人」が出来るその過程。

 陰謀史観は好きではないのですが……。
 ただ、薪さんが想像を絶する過去を背負っていて、それだからこそ、人の善意というか清らかさ、それを信じていたかった、信じたいと思っているのだということが、よく分かりました。
 若いころの薪さんは分かりやすく子どもっぽく、そして新鮮で焦って青臭くて人間味あふれる、わかりやすい人でした。そして、壮絶な環境でも、それでもみんなに愛されていたことは確かでした。
 他人との付き合いは下手でも、愛し愛される存在でした。
 「人を愛する」ということを知っていました。

 昨今の外国人排斥運動(ないとは言わせない。目を開いていれば、耳を澄ませていればきちんと聞こえているはずです)も絡めて、戦前を彷彿とさせるような『言語』による民族排斥があったり、それにあってもなお、性善説を信じるというか、希望を見失わない書き方が出来る作者さんはすごいな、と。
 社会問題もさらりと含めて物語を読ませる力はさすがで、相変わらず面白かったです。
 written by 桔梗 at 11:19 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

『海街daiary5 群青』

海街diary(うみまちダイアリー)5 群青 (flowers コミックス)
海街diary(うみまちダイアリー)5 群青 (flowers コミックス)


『海街daiary5 群青』吉田秋生/著。小学館。

「すずちゃんと暮らすことを決めた時から君たちにはすずちゃんを守る責任がある
もし その人がすずちゃんを傷つけるようなら全力ですずちゃんを守らなきゃって」


 異母妹を鎌倉に住む三姉妹が引き取って、そこでの何気なく過ぎて行く、けれども決して戻らない大切な日常を描くシリーズ第五巻。

 「自分は他人と違う、他人には分からない」と壁を作るのは自分であることが、全編を通して描かれていました。
 究極のところはその人の気持ちはその人にしか分からないけれど、分かったと傲慢にならずに、その人に寄り添うこと、それだけなら出来ると。厳しいようですが、骨折した人の代わりに骨折することは出来ない。けれども寄り添って支えることは出来る。治るように手助けをすることは出来る。

 そして、血の繋がりがなくても「家族」と呼べる関係になれること。
 登場人物たち、特に幸姉が、大人も自分の子どもの頃の痛みを抱えながらも、子どもは「子ども」のままでいさせようという努力をしている姿勢がとても尊く、気高いものに見えました。

「あん時の桜ほんまにきれいやったってな
もうじき死ぬてわかっとっても
やっぱり桜はきれいやった
きれいなもんはちゃんときれいに思えたことがうれしいて」


 その時の自分の精神や健康の状態に関わらず、きれいなものはきれいだと思えるこころの健全さ。
 その強さがうらやましくもあり、見事でもあります。
 そして、それを描いている作者に拍手。
 written by 桔梗 at 02:56 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

『娚の一生』全四巻

娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)
娚の一生 1 (フラワーコミックスアルファ)
娚の一生 2 (フラワーコミックスアルファ)
娚の一生 2 (フラワーコミックスアルファ)
娚の一生 3 (フラワーコミックス)
娚の一生 3 (フラワーコミックス)
娚の一生 4 結婚 (フラワーコミックス)
娚の一生 4 結婚 (フラワーコミックス)


『娚の一生』全四巻。西 炯子/著。小学館。

「君はひとりでいきていったらええ
ぼくもひとりで生きていく
ふたりして
ひとりで生きていこや……」


 原子力発電も手がける大手電機メーカーにお勤めの三十代半ばの女性(在宅勤務開始)と、五十代の大学教授のラブストーリー。

続きを読む
 written by 桔梗 at 00:06 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

『秘密』11巻12巻

『秘密』11巻12巻

秘密 -トップ・シークレット- 11 (ジェッツコミックス)
秘密 -トップ・シークレット- 11 (ジェッツコミックス)
秘密 -トップ・シークレット- 12 (ジェッツコミックス)
秘密 -トップ・シークレット- 12 (ジェッツコミックス)


『秘密』清水玲子/著。白泉社。

「生きている限り
この世に生きている限り
守るべきものは
出来てしまう

全部
なくしてもまた

全部
無くした筈なのに
また

大切なもの
失いたくないものは
生まれてくる
生きているかぎり

おなかが減るように
しあわせも
感じるようになる

欲しくなくても
出来て
しまうんです

人に見られたくない

そして 秘密も」


 『秘密』はこれで終了らしいですが、雑誌のほうでスピンオフで新シリーズを初めているようです。第九が出来たばかりの頃の話だそうですが。

 薪さんの家族やなにやら明らかになるのかなと思っていましたが、薪さんはニュートラルで、最後まで細かいことは明らかになりませんでした。
 最後まで人間の全てが悪のみで出来ている人はおらず、必ずどこかに善の部分があって、そこを信じたいと思っていました。どれだけ人間の汚い面を見ても、どこかで隠したい「秘密」というか優しさを持っていると、第九にいるからこそ、信じていたのかもしれません。
 そういう染まり切らない、染まり切れない、人間の優しさの代表というか、そこに読者や作者の視点を重ねたかったのかな……とわたしは思いました。そこに、作者の祈りがあったのかな、と。

 わたしがこういう猟期的な話を買って読むというのは大変珍しいし、絵柄もちょっと苦手な方なのですが、それでもこの「祈り」の部分を読みたかったというか、最後まで信じていたから読めたのかな……と思いました。

 血がつながらなくても、戸籍関係が無くても、「家族」にはなれるし、離れていても思い合える大切な存在が出来る、というのを作者は『秘密』を通して書きたかったのかな、と。
 秘密=大切なもの・幸せなもの、という風に書かれていて、安心しました。
 後ろ暗いことだけが秘密じゃない。
 幸せなことも「秘密」なことだったのだ。今、この状況で大切にしたい、そして手放してしまったとの自覚があるからこそ「秘密」にしたいことだったのだ。

 最初はすごく後味が悪くて気持ち悪くて、どうしようとためらいながら読んでいましたが、最後まで読めて良かったです。
 スピンオフも読もうと思います。
 written by 桔梗 at 13:47 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

『コランタン号の航海〜アホウドリの庭〜』

コランタン号の航海 ~アホウドリの庭~ (ウィングス・コミックス)
コランタン号の航海 ~アホウドリの庭~ (ウィングス・コミックス)

『コランタン号の航海〜アホウドリの庭〜』大木えりか/原作。山田睦月/著。新書館。

「彼の呪いが何であれ
いつか
救われますように」


 ウェブ・ウィングスにて連載されていたものに加筆・修正されたものだそう。本当は2巻分あったらしいですが、一冊という事に決まってしまったので、原作の方がそこまでまとめたのがすごいです。きれいに話がはいっています。
 作者のサイトは「andante」。原作者とお二人でやってるブログは「はみだしコランタン digital*」。

 ガンガーの封じ玉を追いかけてアフリカへ赴くコランタン号。そこで座礁して現地の人々と交流を持つことになります。

続きを読む
 written by 桔梗 at 16:12 | Comment(2) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

『坊主DAYS2 お寺とみんなの毎日』

坊主DAYS(2) お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス・デラックス)
坊主DAYS(2) お寺とみんなの毎日 (ウィングス・コミックス・デラックス)

『坊主DAYS2 お寺とみんなの毎日』杜康潤/著。新書館。

「お坊さんてお給料制なんですか?!」


 前回、読んで「ふむふむ」と思った『坊主DAYS』、今回はきちんと女性が坊さんになる方法も描かれます。
 ちなみにこの宗派では女性も男性と同じ修行をしてなるそうで、女性に門戸が開かれたのはここ20年くらい、平成の世になってからだそうです。科学(衛生用品)の発展のおかげもかなりあるそうです。そりゃそうだよな……。体の作りが違うもんな……。

 お坊さんのいわゆる法事以外の業務も明らかにされますが、いわゆる「人生相談」とかも受けてくれるなんて思わなかったよ……。お坊さんとしての「人格形成」としての土台の上にすべての法事やらなにやらがのっかっているわけで、まあ、わたしの信条「聖職者はすべて生臭である」というのは失礼なのね……。
 そしてお寺に住む坊さんの「家族」の役割も明らかになります。基本的に坊さんがいないと家族は寺から出て行かねばならないそうで、それまたスゴい制度ですね。そして、お寺道具の通販カタログは是非見てみたいと思います。ほぼすべてが揃うそうです。

 そして、各宗派・各宗教とも垣根を越えた草の根交流(大本山は黙認)もあるそうで、こういうのがもっと世間一般に広まって、平和につながるといいと思います。
 それと、震災でお坊さんができることってもっともっとあると思うので、坊主として出来ることにもっと取り組んでもらいたいなと思いました。
 written by 桔梗 at 20:29 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

『緋の纏』五巻六巻

『緋の纏』五巻六巻。乾みく/著。一迅社。
緋の纏 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
緋の纏 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
緋の纏 6巻 (ZERO-SUMコミックス)
緋の纏 6巻 (ZERO-SUMコミックス)


「アホっ そんなん最初に言っただろ!
てめぇがどこの誰様だろうと
俺には関係ねえって!」


 江戸火消し物語、五巻と六巻まで来ました。
 大名側の黒幕も明らかになりつつ、それぞれに抱えている過去も紐ほどかれていっています。

 主人公の正式な身分も明かされ、お付の剣豪も「く組」に居候することになりました。町人生活でそれぞれに得るものがあり、それぞれに大事にしたいものが明確になり、過去が明らかになりつつあります。
 一進の義理の兄貴は出てきていますが、実兄が出てこない(回想にすら)ので、不思議ねえと思っています。これからでしょうか。
 正室は江戸住まいなはずなので、江戸屋敷が焼けてからは一進はお国にいたのでしょうか? 

 ぼけーっと読んでましたが、きちんと話が進むようになったので、とても面白くなってきました。伏線を振り返るために最初から読み直して、ほほ〜と思って、今回は非常に楽しく読めました。

 作者さんがあとがきで書かれているように、話が長く続けられたために、それぞれの過去を明らかにし、広げた風呂敷を畳むため、簡単な年表を作ったそうです。
 そうですか……。やっぱりあとから付随するもんなのですねぇ。というのが素直な感想。どこまで続けられるか分らない話を連載するっていうのも、酷なもんですね。人気商売はつらいなあ。
 そんなんで今後に期待が出来る展開になってきました。
 火消しの筋肉はいつ見てもいいなぁと思いつつ、表紙をはがしての漫画に笑い、とても楽しみな漫画になってくれたことが大変嬉しいです。
 written by 桔梗 at 10:59 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする

2012年07月10日

『十十虫は夢を見る』1、2巻

十十虫は夢を見る 1 (ボニータコミックスα)
十十虫は夢を見る 1 (ボニータコミックスα)
十十虫は夢を見る 2 (ボニータコミックスα)
十十虫は夢を見る 2 (ボニータコミックスα)

『十十虫は夢を見る』1、2巻 幹本ヤエ/著。秋田書店。

「世の中には時に想像もつかない非道いことが起こる
つつましく生きる人々にしむけられた刃に……なすすべもなく…
でも天に怒っても仕方がない
人は…地に咲く花のように
折れても 枯れても また──芽吹く
…また 花開くことのできる存在だから…」


 十十虫、これでテントウムシと読ませるそうです(当て字です)。
 時代は昭和初期、これからバンバン不穏な事態が起こる時期ですが、そういった時代背景や政治ごとを書くのではなく、高月という高校生が十十虫という名の喫茶店に入り浸り、そこで働くウェイトレスの女の子と持ち込まれる事件を解決していくという話。
 この持ち込まれる事件の経緯が変わっており、高月が他人の夢に入り込み、必ず当たる予言をしていくというもの。しかし当の本人は夢を見たことすらなく、その自覚もないので、毎回事件は唐突に持ち込まれる……という設定。

 男子高校生の高月はひ弱で読書が大好き、女の子の方は柔道家の娘で怪力といったあたりももはや珍しい設定ではない、のでしょう。
 事件もとりたててドラマチックで感動的!というほどのものでもありません。
 着物と洋服が混在する世界で、絵柄も好き嫌いが分かれそうです。
 今後は、脇役も充実したので、高月の「夢を見れない」という設定をどう生かすのか、それともこのまま「そういうもの」として話をエンドレスで続けるのか、どちらかでしょう。
 まあ、ぼーっと読む分にはいいのではないでしょうか。病院の待合い室向きのマンガだと思いました。
 written by 桔梗 at 19:18 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする