2016年09月08日

『こどものとうひょう おとなのせんきょ』

こどものとうひょう おとなのせんきょ (かこさとし しゃかいの本)
こどものとうひょう おとなのせんきょ (かこさとし しゃかいの本)

『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとし/著。復刊ドットコム。
 1983年・童心社刊『かこさとし・しゃかいの本 こどものとうひょう おとなのせんきょ』を復刻したもの。
 復刊ドットコムの本がAmazonで売ってるよー。びっくり。

 この本は、最も大切な「民主主義の真髄」をとりもどしたいという願いでかいたものです。
「民主主義のヌケガラ」と後世から笑われないために、私たち自身が反省したいと思っています。
かこさとし


 古い本なので、絵は薄いというか、色数が少ないですし、字もいっぱい。
 少数でも良い意見はあるから、多数決だからって単純に切り捨てないで、良い意見は参考にして、みんなで使いやすい児童館にしていこうとする過程を描きます。
 多数決が正しいのではなく、そこまでの少数派の意見を真摯に聞き、熟考して物事を決められるか。
 多数決が民主主義なのではありません。
 大人も勘違いしているので、そこは子どもから変えていかないとなのかなと思います。

 ちなみに復刊ドットコムの会員なので、復刊ドットコムで買いましたが、Amazonにあると思わなかったです。この本の表紙の著作権をAmazonが持つという理由でAmazonのアフェリエイトを利用しているので、今回、この本の写真撮って載せたら著作権侵害かなーとかちょっと考えてたので、助かりました。
 Amazonのレビューの著作権はAmazonが持つことになっています。ちなみに引用を超える範囲での本文の紹介は著作権侵害です。
 この辺りの著作権の面倒さでアフェリエイト使用してます。

 たかだか広場の利用の仕方。それでも、その利用の仕方を決めるのに、多数決で決めたことが絶対ではない。民主主義で決めたことが、絶対なのではない。反対意見もまた民主主義の大切な要素です。
 民主主義ってなんだろうってもう一度、考えてみませんか?
 written by 桔梗 at 00:27 | Comment(0) | 絵モノ:絵本 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。