2014年01月11日

『へいわってどんなこと』

へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)
へいわって どんなこと? (日・中・韓 平和絵本)

『へいわってどんなこと』浜田桂子/著。童心社。

「へいわって ぼくが うまれて よかったって いうこと。
きみが うまれて よかったって いうこと。
そしてね、 きみと ぼくは ともだちに なれるって いうこと」


 日(童心社)・中(訳林出版社)・韓(四季節出版社)の三カ国共同出版全12冊のうちの一冊。
 へいわってどんなこと? と聞かれて、「戦争がない状態」とだけ答えるのならば、それは単なる対義語に過ぎないのです。
 他人を殺さず、殺されず、当たり前にご飯が食べられて、当たり前に好きな人に抱っこされて、朝までぐっすり眠り、好きなものを読み、好きなことを信じ、好きな歌を唄い、そして、あなたもわたしも幸せであること。
 生まれてくる命に、生まれてきてくれて良かったと感謝でき、祝福できること。その子の幸せな未来を想像できること。
 それが平和であること。

「いやなことは いやだって、ひとりでも いけんが いえる」


 同調圧力やスクールカーストに負けないで!
 そう祈りながら、ページを繰りました。
 written by 桔梗 at 16:58 | Comment(0) | 絵モノ:絵本 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。