2014年01月06日

『左遷も悪くない』

左遷も悪くない
左遷も悪くない

『左遷も悪くない』霧島まるは/著。アルファポリス/発行。星雲社/発売。

「この戦いで、ミルグラーフ軍は多すぎる同胞の命を失った。そんな中、たったひとつの命を救うことなど、誰がどう見てもただの自己満足だったろう。しかし、たとえそうであったとしても、この一人が生きていてくれて良かったと、ウリセスは心の底から思ったのだ。この男は、死んだ皆の分まで幸せに生きて欲しいと思った。」


 「小説家になろう」というサイトに載せられた、ネット小説? を書籍化したもの。まあ、自分の書きたい小説を載っけているので、異世界にトリップして、特殊能力を持っていて大活躍とか、そういう無意識下の願望を叶える小説が多いのですが(?)、その中では異色? なのかなあ……。よくわかりません。
 ただ、普通に読んで面白かったです。

 主人公は鬼軍人で仕事には真面目で、部下の命を数字としてだけ見るようなことはせず、ただひたすらに仕事に有能でそれで地位を築き上げ、上官の無能な命令には逆らい、筋を通し、悪い噂をばらまかれるだけではなく、更には命を狙われるほど嫌われ、身の安全のために故意に左遷されるのですが、その左遷先で、結婚して、初めて家族としての幸せ、仕事人間としてではない「人間」としての幸せに気づき、それを得ることが出来る、という話です。

 戦下で救ったたった一人の命が、つながってつながって、彼の息子が奥さんになるのですが、それに付随する兄弟や友人関係、しかも田舎ならではの濃い友人関係に囲まれて、人間として自分に足りなかったものに、主人公がゆっくり気がついていきます。
 また、お嫁さんもおっとりとしていて、それでいて芯を持った人で、頑張りますし、その少ないコミュニケーションの中で、きちんとお嫁さんを見つめることが出来る主人公は、良いオトコだと思いますよ。仕事バカですけれどね。

 主人公は鬼軍人と言われる人物で、それはイコール殺人鬼なのですが、人を殺すことだけではなく、それ故に命を守り、大切にする事を知っています。
 それを作者さんは穏やかに描かれていて、殺伐とした背景を持つはずなのに、穏やかで家庭や家族の大切さを描いているのが秀逸であるなと思いました。

「物事は、見ているヤツが見たいように名前をつける。俺を悪人にしたい人間に、何を言ったところで通じることはない。その代わり、お前のように見ている人間も、止めることは出来ん」


 それは本当にその通りで、その悪評の中でも前を向く強さ、自分の正しさを信じる強さ、それを基づける情報分析や行いの冷静さ、そういったものを持っている主人公がうらやましくもあり、家庭というものに素直に「幸せ」を感じ、それを与えてくれた人物に感謝することも忘れない、やっぱり、仕事バカですが、良いオトコだと思いました。

 すべての行いは自分にかえってきますね。
 written by 桔梗 at 17:14 | Comment(0) | 小説:ライトノベル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。