2013年12月14日

『最初の質問』

最初の質問 (講談社の創作絵本)
最初の質問 (講談社の創作絵本)

『最初の質問』長田弘/著。いせひでこ/絵。講談社。

『時代は言葉をないがしろにしている──
あなたは言葉を信じていますか。』


 中学3年生の国語教科書にも掲載されている詩らしいです。
 長田弘氏は福島の出身。
 この本を、福島で教員として退職し「「未来=子どもたち」に「見ろ」というほどの世界を作ってやれなかった」と悔やむ恩師に贈りました。原発やら秘密保護法やらで『全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利』を守る社会をつくり上げることが出来なかったと、そう悔やむ恩師に。

 わたしは言葉の力を信じています。
 確かに今、成文法を順守しない、成文法なんてどうでもいいと明言する会長がいる会に(いつのまにか)所属させられていて、水素ほどの重さも持たない言葉の軽い人たちといっしょに仕事して、この犯罪者集団はどうにもならねーなーと呆れ返っているのですが。
 それでも、それはわたしの力が足りないだけで、『言葉』の力ではないと思っています。
 言葉を尽くしても伝わらないことがあるかもしれません。でもそれは言葉を尽くした人だけが言えることだと思います。

 言葉の力を、教えてくれたのは先生です。
 先生はわたしたちに、授業を真面目に受けないなら出て行けなんて一言も言わずに、自分のほうを向かせて、授業に集中させ、民主主義や平和の大切さや、憲法について語ってくれました。
 声を荒らげて怒鳴ることも、脅すこともしませんでした。
 先生は言葉ひとつで、40人の心をつかみ、そしてわたしたちに、わたしたちひとりひとりに向き合ってくれました。

 先生。今日隣にいる人と手を繋いで見上げた空は高くって、スカイツリーがよく見えました。
 枯れ葉がすっかり落ちて、柊が青々として赤い実を付けています。
 先生。わたしは相手がどんなに嘘つきでひどい人でも、わたし自身は誠実な人間でありたいと思い、そうあるように努力しています。
 世界では悲しこともたくさんあるけれど、それを防ぐために、それを押しとどめるために頑張っている人はこの世にたくさんいて、わたしもその一人になりたいと思っています。その人たちの力になりたいと思っています。
 

 先生、先生。ありがとう。
 先生の教えてくださったことは、花開いてきちんと実になりました。次の種にも受け継がれるように、できうる限りのことをします。
 先生、いつまでも元気でわたしたちを見ていてくださいね。
posted by 桔梗 at 11:54| Comment(0) | 絵モノ:絵本 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。