2013年03月30日

『六蓮国物語 翠竜と赤の天女(上)』

六蓮国物語 翠竜と赤の天女(上) (角川ビーンズ文庫)
六蓮国物語    翠竜と赤の天女(上) (角川ビーンズ文庫)
『六蓮国物語 翠竜と赤の天女(上)』清家未森/著。角川ビーンズ文庫。

「前に言ったろ。君がどこかに隠されたら捜し出して助けるって」


 怪力お嬢様とひ弱な呪言師の恋物語、最終巻一歩手前。

 やっぱりなー、こっちは終わらせるのか。というのが本音。
 あとは雑誌収録の短編も二編入っていたので、番外編を書かせるつもりもなく、下巻で完結となるんでしょうね。
 なんだか、楽しかったはずなのに、一気に編集部の方針に冷めた。

 にしても、橘さん、陰陽師じゃなくて坊さんのほうでしたか。錫杖持ってるし、イラストはクナイ投げてるし、まあいいんだけれどさ。
 ラブラブも激甘ってほどでもなく、切なく楽しめましたし。
 うん、まとまってましたよ。
 それ以外に言うことないわー。
 written by 桔梗 at 13:31 | Comment(0) | 小説:ライトノベル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。