2017年09月24日

『きみが世界を変えるなら』全三冊

世界を改革した子どもたち (きみが世界を変えるなら)
世界を改革した子どもたち (きみが世界を変えるなら)
言葉を武器に変えて (きみが世界を変えるなら)
言葉を武器に変えて (きみが世界を変えるなら)
「わたしの物語」を生きる (きみが世界を変えるなら)
「わたしの物語」を生きる (きみが世界を変えるなら)


『きみが世界を変えるなら』全三冊。石井光太/著。ポプラ社。

 児童虐待のノンフィクションとか書いてる方が、小学校高学年から中高生に向けてわかりやすく、自分の今いる環境(世界)を変えるためにはどうしたら良いのかを書いた本。
 もちろん「世界」を動かした子どもの話も出てくるけれども、本題は自分の周囲を変えて、自分の人生をより良く生きるために、どうしたらいいのかというのが主題。

 例えば、中学校を卒業して働くより高校を出て働いたほうが将来のためになる。けれど家の事情がそれを許してくれない。そんな時どうすればいいのか。
 自分の望みを叶えるにはどうしたらいいのか。そもそもどう自分は生きたらいいのかというのがまず悩むところなのだろうけれど、友人関係に悩んで、このまま学校に行っててもつまらないな、そう思ったら。学校なんか行かなくてもいい。でも行ってもいい。学校を変えるという手だってある。
 そのためにはとにかく自分の希望を、笑われても口に出し続けて、味方を増やして行動しなくちゃという本。

 大人を味方につけるにはどうしたらいいの?
 有名なサッカー選手だってお弁当一つを兄弟で分け合うところから世界へ駆け上がった。そのために、どうしていたの?

 昨今の教師の超過勤務問題にちょっと首突っ込んだけど、あれはダメだなー。
 教師はあてになんないよ。
 『協力って期待するものでもなく要求するものでもなく、巧く引き出すものなのよ』(図書館戦争)。
 彼らは自分たちより同じか、もっとひどい労働環境にいる人たちに手を差し伸べたのだろうか。
 協力を得たいなら、自分たちの労働環境がよくなることで子どもたちを取り巻く環境が良くなるといえるのだろうか。
 今のところ見ている限り、保護者が馬鹿だアホだとか、勤務時間外は保護者の監督責任だから、学校で問題が起こっても自分たちのせいじゃないとか、そんなのばっかだな。
 協力を得たい「市民=保護者」だって分かってないなあ。
 日本の市民運動は持ち出しのボランティアなのだ。自分たちの利益にならんことに、人間は動かない。

 でも、子どもの問題は、わたしは相談に乗るから、きちんと大人を見分けて、諦めないであなたの言うことに耳を傾けてくれる人を探してよ。わたしは本気で相談に乗るし、きちんと動いてあげるよ。
 わたしは、自分が助けて欲しいときに助けてくれなかった大人と同じことをしたくないし、助けてと声をあげることすら出来ない状況へ陥った苦しさを知っているよ。
 そのために、あなたにも覚悟を求めるけど、きちんと大人として大人と戦ってあげるよ。あなたの味方をする。約束するよ。身近な大人に話してね。それで駄目でも諦めないでね。あなたの味方はここにいる。
 あなたの将来は健康で文化的で、幸福を追求する日々である。これは日本の憲法が保障していること。
 あなたの幸せを諦めないでね。
 written by 桔梗 at 03:48 | Comment(0) | 小説:日本の児童書 | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

『にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者』

にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者 (一迅社文庫アイリス)
にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者 (一迅社文庫アイリス)

『にわか令嬢は王太子殿下の雇われ婚約者』香月航/著。一迅社アイリス文庫。

「偽装系のネタといえば、ハッピーエンドがお約束。
貴女の一時の休息に寄り添いたい
糖度保障のラブコメです」


 作者さんが見返しで書いてらっしゃることが全てです。
 ええ。一時の休息に十分付き合って楽しく読ませていただきました。

 イラストのねぎしきょうこ氏がさすが! デッサン正確! 服の皺正確! 指と手がキレイ!!
 神は細部に宿る……。いや、イラストにおいては細部のデッサン能力に宿ると言ってもいいと思う……。
 手フェチとしてはもう、手のデッサンが正確なだけでうっとり。

 そして青い制服の筋肉集団に思わず「第◯師団」とか思ったわたしをお許しください。
 表紙絵の方がヒロインが「ええええええ〜本当ですか〜?」って顔して、殿下がキリッとしているのですが、ヒロインの方が可愛いのは口絵イラストの方。これ、どちらを表紙にするか判断が分かれますね。口絵イラスト、周囲が肉だしな。

 名詞形の「間違い」と「間違え」。
 ずっと前から気になっているんだけど、多分正確には「間違い」が名詞形で、「間違え」は言葉のゆらぎとして受け入れられて来ているのかなと思います。
「間違い → 間違う(五段活用)の連用形 間違え ……」
 2006年にYahoo!知恵袋で出てるわ。11年前だわさ。
 難しいよねぇ。連用形……。
 うーん、名詞形で「間違え」って使ってる人多いと思うんだけどな……。

 あと、「催事」。読んで時のごとく「もよおしごと」。お茶会を「催事」というのはいいが、国王の生誕祭まで「催事」で済ませるのはどうか。これは「祭事」の方がいいのではないか。

 そんなことを気にしながら読んでましたが、自分を「わたしは○×公爵令嬢です!」とか「公爵様」とか書いてる文章よりかはまったく気にならない部類なんだろうな……。
 あ、これは「わたしは○×公爵のお嬢様です!」「内閣官房事務次官さま」とかになりますね。
 爵位持ちだったら「閣下」が敬称でしょうなあ。それか名前に卿をつけるとか、名字+「公・候・伯・子・男」あたりでしょうかね。上位貴族にしか使わないか? 下位貴族はSirで済ますのか。
 現代にない敬称は難しいよね。

 編集部ってどんな仕事してるのかなー。校正担当の人に会ってみたいなー。
 多分……どうでもいいんだろうな……。

 うん、ラノベでこういうこと気にしたら負けなんだと思うんだけど、ラノベで文章学ぶワカモンが最近多いから、こっちの校正に力を入れてほしいよ。
 そういう意味では微妙に負けた。内容としてはお値段分きちんと楽しませてもらいました。
 written by 桔梗 at 02:58 | Comment(0) | 小説:ライトノベル | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

『魔術学院の恋愛事情』

魔術学院の恋愛事情 (一迅社文庫アイリス)
魔術学院の恋愛事情 (一迅社文庫アイリス)

『魔術学園の恋愛事情』香月航/著。一迅社アイリス文庫。

 久々に読んだラノベ。
 初出はウェブサイト「小説家になろう」。
 この方、乙女ゲームの原作者らしく、そこから派生した話らしい。
 そして、編集入れて失敗した例。
 ウェブサイトの方が面白いです。


 昨今のWeb小説の日本語もひどければ、ラノベの編集の日本語もひどいな……。
 『揶揄る』ってなんて読むの? ねえねえ、なんて読むの?
 揶揄はサ変か名詞だと思うんだけど?
 『矜持』はキョウジでキンジは慣習読みなんだけど、なんでわざわざ「キンジ」ってルビふるの?
 誤字脱字はスルーしないとラノベは読めないらしい。
 ちなみにiPhoneに日国と電子辞書傍らに置かないと、ラノベが読めない。
 古語雅語カタカナ語混じってめっちゃ違和感醸し出す文章を読んでいると挫折する。
 本人はカッコイイつもりなんだろうが、文章に一貫性と統一性がない。
 こっちがくずおれるわ。
 というわけで、ようやくラノベ読めるようになったら、話の内容以前にうわーって思うところがいっぱい。
 疲れた。
 Web版をおすすめします。
 イラストは好みが別れます。←つまり苦手。
 written by 桔梗 at 13:40 | Comment(0) | 小説:ライトノベル | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

『ことば選び実用辞典』『感情ことば選び辞典』

『ことば選び実用辞典』『感情ことば選び辞典』
ことば選び実用辞典 (ビジネスマン辞典)
ことば選び実用辞典 (ビジネスマン辞典)
感情ことば選び辞典
感情ことば選び辞典


【実際の使い方】(Amazonの商品説明より)
■シチュエーションその1
「"戦い""戦った"""戦おう""……なんだか同じことばばかり並んだ文章になってしまう! 」
→キーワード「戦う」の項目を見る
→「一戦」「激戦」「血戦」「奮戦」など,似たことばが並んでいる
→例文も見ながら,状況に応じた理想的なことばを選ぶ


【使用例】(Amazonの商品説明より)
■case1
「原稿を読み返したら、主人公の心情描写に「嬉しい」を使いすぎ……もう少しいい表現ないかな」
→キーワード一覧から「嬉しい」を検索する
→文脈にぴったりの「有頂天になる」を選ぶ

 

 本屋さんで見つけてやすかったので買ってしまった。類語辞典の類。
 文字書きはさ、適切な表現を使わないとかっこ悪いよね。最近の古語・カタカナ語・ネットスラング混じりの文章でカッコつけた気になって、適切な表現をしているつもりなんだろうけれど、非常にちぐはぐで世界観が台無しです。
 文字書きは正しい日本語使ってなんぼ。
 辞書を引く習慣は身につけましょう。
 日本国語大辞典の簡易版をiPhoneで買ってしまった。大学時代に大変お世話になりました。
 最近の電子辞書はカラーでびっくりしました。
 自分の電子辞書は貸し出されています。

 ところで……。Twitterでラノベ出版公式が「わかりみが深い」と書いていて、ネットで調べたけど……。
 分かりやすいって意味なんですね……。わかりみが「深い」か……。面白みと興味深い? で分かりやすいがどうくっついたのだろう???
 まったくわからない。
 年寄りですなー。
 「ら」抜き「い」抜き言葉に対応し、ですます調とである調の統一、主語述語のねじれ、現在形と過去形の統一なんていう採点の手伝いをしています。非常に厳しい採点官の自覚はある。
 自分が普通に意識してやったり無意識に出来ていることを、出来ない人にどう説明するか、難しいですね……。とりあえず、出来ているところを褒めて育てるあたりから……。
 written by 桔梗 at 03:22 | Comment(0) | その他:未分類 | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

『こどものとうひょう おとなのせんきょ』

こどものとうひょう おとなのせんきょ (かこさとし しゃかいの本)
こどものとうひょう おとなのせんきょ (かこさとし しゃかいの本)

『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとし/著。復刊ドットコム。
 1983年・童心社刊『かこさとし・しゃかいの本 こどものとうひょう おとなのせんきょ』を復刻したもの。
 復刊ドットコムの本がAmazonで売ってるよー。びっくり。

 この本は、最も大切な「民主主義の真髄」をとりもどしたいという願いでかいたものです。
「民主主義のヌケガラ」と後世から笑われないために、私たち自身が反省したいと思っています。
かこさとし


 古い本なので、絵は薄いというか、色数が少ないですし、字もいっぱい。
 少数でも良い意見はあるから、多数決だからって単純に切り捨てないで、良い意見は参考にして、みんなで使いやすい児童館にしていこうとする過程を描きます。
 多数決が正しいのではなく、そこまでの少数派の意見を真摯に聞き、熟考して物事を決められるか。
 多数決が民主主義なのではありません。
 大人も勘違いしているので、そこは子どもから変えていかないとなのかなと思います。

 ちなみに復刊ドットコムの会員なので、復刊ドットコムで買いましたが、Amazonにあると思わなかったです。この本の表紙の著作権をAmazonが持つという理由でAmazonのアフェリエイトを利用しているので、今回、この本の写真撮って載せたら著作権侵害かなーとかちょっと考えてたので、助かりました。
 Amazonのレビューの著作権はAmazonが持つことになっています。ちなみに引用を超える範囲での本文の紹介は著作権侵害です。
 この辺りの著作権の面倒さでアフェリエイト使用してます。

 たかだか広場の利用の仕方。それでも、その利用の仕方を決めるのに、多数決で決めたことが絶対ではない。民主主義で決めたことが、絶対なのではない。反対意見もまた民主主義の大切な要素です。
 民主主義ってなんだろうってもう一度、考えてみませんか?
 written by 桔梗 at 00:27 | Comment(0) | 絵モノ:絵本 | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

『幼い子は微笑む』

幼い子は微笑む (講談社の創作絵本)
幼い子は微笑む (講談社の創作絵本)


『幼い子は微笑む』 (講談社の創作絵本)長田弘/詩。いせひでこ/絵。講談社。

まだことばを知らないので、幼い子は微笑む。
微笑むことしか知らないので、幼い子は微笑む。
もう微笑むことをしない人たちを見て、
幼い子は微笑む。 なぜ、長じて、人は
質さなくなるのか。 たとえ幸福を失っても、
人生はなお微笑するに足るだろうかと。


 それでも人生にYESという、というフランクル氏ほどでもないですけど、笑って、微笑むに足る人生を送りたいと強く思っています。
 自分の生きてきた過去は変えられないけれど、ストーリーは変えられる。だから、ストーリーを変える努力をして、距離を取って、「わたしの関係ないところで幸せになってね」とまで言えるようになったのに、どうしてそっちから近づいてくるかなあ。
 微笑むに足る人生を送りたい。
 幼い子に、未来に向けて恥ずかしくない行動を。
 だから、選挙も行きます。

 『最初の質問』同様、長田弘氏といせひでこ氏のタッグで出来た絵本。長田氏はお亡くなりなったので、これが最後らしいです……。
 今回もいせひでこ氏の絵が、詩をさらに考えさせられるものとして語りかけてきます。
 戦争を知っている人が亡くなってゆきます。戦争を知っている人の言葉は重いです。
 人生はかなしみに満ちている。それでも、微笑んで生きていくことは出来ると信じたい。
 大人向けの絵本です。
 お子様も中学生くらいになったらぜひに。
 written by 桔梗 at 00:21 | Comment(0) | 絵モノ:絵本 | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

ブログ検索をGoogle先生にする。

 これも日記に書いてあるカスタマイズです。
 Seesaaのデフォルト検索は以前Yahoo!でした。
 今はなんかブログ内で処理しているみたいで、やるとカスタマイズして変更されてないのに、変更された状態で出てくるというなんか処理が変になっている。これ、カスタマイズは自己責任なので、運営にお願いしても対処してもらえないんだな。しかも、本文のみに反応しているらしく、カテゴリ名とかには反応しない。
 ので、やっぱりグーグル先生にお願いしてみよう。

 まずはこのページをよく読みましょう。
 Google カスタム検索エンジン
 つまり、Googleのアカウントがあれば検索窓を設置できるらしいですが、旧バージョンでアカウント無しで設置してみます。

 まず、seesaaはShift_JISです。

<!-- SiteSearch Google -->
<form method=get action="http://www.google.co.jp/search">
<table><tr valign=top><td>
<input type=text name=q size=18 maxlength=255 value="">
<input type=hidden name=ie value=Shift_JIS>
<input type=hidden name=oe value=Shift_JIS>
<input type=hidden name=hl value="ja">
<input type=submit name=btnG value="検索">
<input type=hidden name=domains value="あなたのブログID.seesaa.net/"><br />
<input type=radio name=sitesearch value=""> WWW を検索<br />
<input type=radio name=sitesearch value="あなたのブログID.seesaa.net/" checked> ブログ内を検索
</font>
</td></tr></table>
</form>
<!-- SiteSearch Google -->

 
 これをあなたの自由形式に張り付ければ、わたしと同じものがサイトにくっつきます。
 written by 桔梗 at 00:00 | Comment(0) | 雑記:ブログカスタマイズ | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

自由形式欄に題名を入れる

 日記には書いてあるけど、こっちには書いてなかったですね。LOVELOGは標準仕様だったからHTMLを弄る必要がなかったからなー。
 「自由形式」にブログ・パーツとか置くと、seesaaでは題名が出てきません。それを出すカスタマイズ。
 まず、左のデザインをクリック。コンテンツをクリック。自由形式をマウスでドラッグ&ドロップでお好きな位置へ。
 追加した「自由形式」の歯車をクリック。右上のコンテンツHTML編集をクリック。

 そこに書いてあるのを全て消して、以下をコピペ。

<div class="sidetitle"><% content.title %></div>
<div class="side">
<% content.header -%>
<% if:convert_breaks %>
<% content.free.text | nl2br %>
<% else -%>
<% content.free.text %>
<% /if -%>
<% content.footer -%>
</div>


 保存して、タイトルを入れてもう一度保存。念のため、ページ全体のところでも保存。
 これで見てみると題名が入っているはず。
 初期設定では「自由形式」のままです。
 written by 桔梗 at 00:00 | Comment(0) | 雑記:ブログカスタマイズ | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

カテゴリーツリー化……

 以前から「弱小エンジニアの小言」のtakoashiさんのスクリプトをお借りして、ブログのカテゴリーのツリー化を行っていたのですが、takoashiさんがサイトを閉じられたようなので、スクリプトをお借りできなくなりました。今までありがとうございます。
 そこでseesaaブログのカスタマイズをさまよう……。
 ツリー化プラス折りたたみ式のはスクリプトはすぐに見つかったのですが、開閉出来なくていいなあ〜とわがままを(でもこれ、貼り付けてカテゴリーの間を全角で開けるだけなので、楽ですよ。ただ、下のカテゴリ表示がちょっとお間抜けになるという……)。

 そこで今回は「勝手にブログカスタマイズ」さんの『カテゴリーメニューを分類&ツリー表示する方法』をお借りしてブログにツリー化を導入。これ、調べて行ったら、今はもういらっしゃらない、Des notes de KOHtanさんのスクリプトをもとにして改良されているらしいです。
 ついでにコンテンツHTML変更後のHTMLを、

<div style="height:200px; overflow: auto;"> 変更後のHTML </div>


と囲ってスクロールバーを設置。
 久しぶりにいじったらcssもhtmlも忘れまくり。
 あ、takoashiさんのスクリプトでは「大カテゴリー:(全角)小カテゴリー」となっていたので、そこ面倒なので、スクリプトの方、三ヶ所の「>」を「:」に変更しておくとカテゴリーをいじらなくて済むので楽です。

 なにかご質問があれば、「Lc-Factory@Seesaaブログ」さんのツリー化スクリプトでもこちらの変更点でも分かる範囲でお答えしますので、コメント欄にご記入いただければと思います。追記でうちのブログバージョンも記入しておくかい?

 ……えーと、『ダンジョン飯』も『シュトヘル』も『花よりも花の如く』も『桜乙女と黒公爵』も『身代わり伯爵』も全て積んであります。地震で書籍流は起きなかったですが、積み上げまくりです。
 医者曰く「ゆっくり治そうね」なので、睡眠時間が長いです。
 それと、外でも車でも爆睡しますので、外で日焼け防止にストールを顔にかけて寝ていたら、文字通りミイラのようで、小さなお子様が興味を持たれて触ってみたら、わたしがびくっと動いたので、その子もびっくりしてビクッとなって面白かったそうです、相方曰く。記憶にゴザイマセン。
 本を開くことが出来ないので、困ってます。
 最近は袷の着物を単にしてみようなどと企んでいます。日記に生存記録がありますれば、お暇な時に覗いてくだされば、生存は確認出来ます……。ゆっくり治したいと思います。
 written by 桔梗 at 04:53 | Comment(0) | 雑記:ブログカスタマイズ | 更新情報をチェックする

2016年01月06日

『ぴんとこな』全16巻

ぴんとこな(16) (フラワーコミックス)
ぴんとこな(16) (フラワーコミックス)

『ぴんとこな』柏木あこ/著。小学館。

「例え舞台の上に世左衛門がいなくても
アンタの成長を見せて観客に父親の大きさを知らしめるということさ」


 古本屋に行ったらセットで割引してたので、買ってみたら読めました。
 しかし最近の紙業界の不振はすさまじいですね。新刊と中古が50円しか違わないってどんだけ「本」って読まれなくなっているのでしょうね。

 さて。歌舞伎のお話です。デッサンうまいですし、けっこう長くやってらっしゃる作家さんなのだと思います。トレスしか出来ないラノベの挿絵書きとは全然違うので、絵は存分に楽しめました。着物姿は描くのが本当に難しくデッサンできてないと、そして着物の構造わかってないと描けませんが、とても綺麗に描けていて、カラーも表紙もとても楽しめました。
 二人の歌舞伎役者、一人は御曹司、一人は門閥外の一般家庭の子の二人の成長物語なのですが、そこに掲載雑誌? の読者の気を引くためか女の子を入れて最初に恋物語にしたので、途中から恋物語が中途半端になってて、伏線回収しきれずに終わった感が。女の子が主人公で感情移入させようとしたんでしょうが、書き方によっては彼女はいらなかったなー。というか、もうちょっと最後、上手に使えたなーと。エッチもする必要ないし、跡継ぎの女将さん? 梨園の妻やってくなら、もっと違うなんかがあったはずで。そこを少女漫画なのに疎かにしたなー。っていうか、だから実は主人公は女の子じゃなくてオトコふたりで成長物語なんですよね。
 これは掲載雑誌を白○社あたりにして(でもそっちは狂言の話しやってるんだよねー)編集さん変えたらもっと良くなる話ではないかと思いました。絵の巧さとかいいのに、もったいない。

 わたしは実はこの血の流れで決まるサラブレットのようなこの日本芸能独特の世界が嫌いでして。それはわたしの血筋がどーしよーもねーという劣等感から来るものでもあるのですが、今の日本社会の「自分でどうしようもならないところ(出自)がダメなら這い上がれない」という、格差固定してきた社会の見本のような気もするからです。
 まあ、もちろん伝統芸能として受け継がれていくものとしてとても厳しい社会であるというのは分かってますし、所作を身に付けるには子どもの頃から徹底して教えこまねばならぬというのもわかるのですが。
 娯楽作品として十分楽しめましたし、まあ良かった、かな。
 でも、置く場所ないから古本屋にリバースだと思われる……。
 written by 桔梗 at 13:51 | Comment(0) | 絵モノ:漫画 | 更新情報をチェックする